「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

志望動機は「入社したい」という情熱が伝わる内容にしましょう。【転職PR】

志望動機は「入社したい」という情熱が伝わる内容にしましょう。

クレイアート 面接 (3)

 

こんにちは!

転職PRの専門家・西澤靖夫です。

今日のテーマは
志望動機」です。

 

複数のお客様の
継続サポートの進捗が重なると

志望動機を作るワークが
集中するコトがあります。

 

2日間で
6名のお客様の志望動機を
一緒に作ったり直したりと
集中したコトもあります。

 

そんな志望動機のワークでは

みなさん、
それぞれ少し苦労はしますが

私の質問に答えて、
ヒントを発見しながら

相手に情熱が伝わる「志望動機」を
無事作りあげられます。

 

過去に、
志望動機のワークでは
こんなお客様もいらっしゃいました。

 

日本を代表する1社の
グループ企業に面接に呼ばれ

面接対策として
志望動機がとても重要な
お客様です。

 

志望動機である
「なんで、弊社に応募したの?」
と言う定番の質問に、
どう答えるかをワークです。

 

応募者が多い、つまり
ライバルが多い人気の求人なのに

お客様が用意されてきたのは

あたり障りの無い
「ツマラナイ」回答でした。

 

私が

「〇〇さん
その回答で、面接官に
良い印象が残りますか?」

と聞くと

 

「いや~、難しいですよね…?」

との答え。

 

その通りなのです。

 

面接でアピールしないと
最後の数名には残ることは出来ません。

 

応募者が多い状況で
面接には呼ばれたのですから、
アピール不足ではモッタイナイです。

 

なに、なに?
「それが難しいんですよ!」
と聞こえてきますね。

 

でもね、実は
そんなに難しいコトでは無いんですよ。

 

潜在的に相手が
言ってもらったら嬉しいコトを
見つけて言えばイイだけなんです。

 

まあ、もちろん
その「潜在的」って言うところが
難しい部分ではあるんですが…

 

多くの方は
「顕在的」な部分で表現してきます。

 

そのライバルと差をつけるなら
「潜在的」な部分をホメたら、
印象がグッと良くなると思いませんか?

 

そのお客様とも
その「潜在的」な部分を見つけて
シンプルに表現するコトが出来ました。

 

結果が楽しみでしたが
無事、内定獲得出来たそうです。

 

「入社したい」という情熱があるなら
ライバルに差をつける表現を磨きましょう!

 

 

転職は
自分を再発見する旅でもあります。

 

あなたの転職・再就職が
より良い結果になりますよう

職歴書を作るコツや
面接でアピールするコツなどを、
1日1ヒントお届けしています。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

A4二枚で選ばれる人になる!
職歴書をラブレターに変えて、
転職成功を引き寄せる
「転職PRの専門家」西澤靖夫

 

 

 

あなたと一緒に
本当の魅力を見つけて
面接に呼ばれる職歴書を作って
面接で堂々と話せる自信をつけて
転職活動の全般をサポートしてくれる

そんな魅力的な転職の個別サポート
初回の無料相談
詳細は、こちらから
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

お問合わせ
-->