「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

応募企業に想いがまったく無いなら、面接に行くの止めませんか?

応募企業に想いがまったく無いなら、面接に行くの止めませんか?

ビル 2棟

 

こんにちは。

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日のテーマは
想いの無い企業の面接」です。

 

面接に呼ばれたら
あなたは嬉しいですか?

 

応募企業のことをちゃんと調べて
想いを持って面接に臨みますか?

 

実は
私が企業で
採用責任者をしていたとき

下記のようなケースを
経験したことがあります。

 

ある応募者が
面接の途中から
全く気持ちが伝わってこなくなり
「どうしたのかな?」と思っていたら

 

佳境に入った重要な質問に対して
「私には答えられません。スミマセン」
と言うから、

 

ビックリして
「どうしましたか?」と聞くと、

 

「エージェントの営業担当さんから
お聞きになっていないですか?」

 

「私の希望は〇〇なので
御社のお話だと違うのですが…」

 

それを聞いて
「はあ。そうですか?」状態の私に、

 

「ちゃんとキャリアアドバイザーには
言ってあったんですけど…」

 

「でも、あのキャリアアドバイザーは
いい加減だったし、

営業担当の人に
ちゃんと伝えてくれるか
本当に心配だったんですよ。」

 

まあ、
やり取りはこの後も続く訳ですが

 

つまり
その応募者の方が言うには

エージェントに言われるままに
応募企業のことを調べずに来て
面接の中でやっと目が覚めた。

そうしたら、

エージェントの
キャリアアドバイザーが
無性に腹立たしくなった。

と言うコトらしいのです。

 

って事は、

この場合
一番の被害者は
真剣に面接を行ったのに
まったく無駄だった「私」
だったのです(涙)

 

面接終わったあと

「時間を返してくれ~」って

叫びそうになりました(笑)

 

人材紹介会社(エージェント)も
その担当者も
ピンからキリまで色々います。

 

この応募者の方のように
いい加減な担当者に当たってしまう
コトもあるでしょう。

 

でも

面接に呼ばれたなら
エージェントのせいにするのではなく
自分の意思と責任で臨みましょう。

 

応募先を適当にあしらう人は
自分が応募先から適当に扱われますよ。

 

応募するのも「ご縁」だし

面接に呼ばれるのも「ご縁」。

 

そして採用されて、
真の「ご縁」となるよう
一つ一つを丁寧に真剣に行いましょう。

 

それが出来ないならば
面接に行かないのも一つだと思います。

 

その企業に入りたいなぁと思える
応募先の面接に行けば良いのです。

 

入社するか決定するのは
内定をもらってからで大丈夫です。

 

面接に呼ばれたら
その企業に入社したいと思って
しっかり準備してから臨みましょう。

 

それが、
社会人としての礼儀だと思います。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

A4二枚で選ばれる人になる!
職務経歴書をラブレターに変えて
転職成功を引き寄せる
「転職PRの専門家」西澤靖夫

 

 

 

あなたと一緒に
本当の魅力を見つけて
面接に呼ばれる職歴書を作って
面接で堂々と話せる自信をつけて
転職活動の全般をサポートしてくれる

そんな魅力的な転職の個別サポート
初回の無料相談
詳細は、こちらから
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

お問合わせ
-->