「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

面接で上手く話す自信が持てないなら【転職の悩み】

面接で上手く話す自信が持てないなら【転職悩み

 

面接

 

面接で上手く話せないと
悩んでいるあなた

厳しいコトを言いますが
練習をしていないでしょ。

 

それも
面接本番を意識した話す練習を。

 

良かったですね。

それなら
上手く話せなくて当然ですから…

 

「良かったじゃないんです」
と怒っていらっしゃいますか?

 

でも
適切な練習をすれば
上手くなれるなら
良かったじゃないですか。

 

心配なのは
ちゃんと面接の練習をしたのに
面接本番で上手く話せない人です。

 

もしかしたら

ソレは
職務経歴書
原因があるかもしれませんよ。

 

面接と職務経歴書の関係

 

職務経歴書

あなたと言う商品の
カタログやパンフレットであり

面接を進める
台本や脚本の役割もあります。

 

なので
面接が上手く行かないコトが続くなら

職務経歴書の
下記の事項を確認すると良いでしょう。

 

 

あなたの本当の魅力が載っているか?

あなたの本当の魅力が載っているなら、例え、流暢に話せなくても、伝えたいコトが明確なら、面接官は良い印象を持つコトでしょう。だからこそ、あなたの本当の魅力を見つけて、職務経歴書に沢山載せましょう。

 

あなたの魅力が一貫して載っているか?

この一貫性が、殊の外(コトノホカ)大事です。たった2枚程度の書面ですが、それの全体を通す、つまり一貫性のある「あなたの魅力」があれば、面接でもブレるコト無く話すコトが出来るハズです。

 

面接官が読み易いか?

結構、大事なポイントです。読み易く、理解し易い職務経歴書なら、面接官もストレスなく、面接を進めていくコトが出来ます。つまり、面接官からの質問も好意的になる可能性があります。

 

面接官の質問ポイントを誘導しているか?

面接の質問も、職務経歴書の書き方次第では、応募者である「あなた」が、コントロールするコトも出来ます。

 

以上です。

如何でしたか?

 

上記を理解して、
職務経歴書を作り直せば

面接に呼ばれるダケでなく

面接で自信を持って
堂々と話せるようになるでしょう。

 

もし、
上記のように
職務経歴書を改善できる
自信が無いなら

転職の個別サポート塾の
無料相談にお越しください。

 

一緒にワークして
あなたの魅力を見付け出し

面接でも自信の持てる
職務経歴書を作り上げちゃいましょう。

 

 

 

 

あなたと一緒に
本当の魅力を見つけて
面接に呼ばれる職歴書を作って
面接で堂々と話せる自信をつけて
転職活動の全般をサポートしてくれる

そんな魅力的な転職の個別サポート
初回の無料の相談面談
詳細とお申込みは、こちらから
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

お問合わせ
-->