「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

面接で「質問は?」と聞かれた時、やってはいけない3つの事【転職・再就職】

面接で「質問は?」と聞かれた時、やってはいけない3つの事【転職再就職

面接

 

こんにちは。

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日のテーマは
面接で質問するとき注意事すべき事項」です。

 

面接も終盤になり
「やっと緊張から解放される」
なんて思っている矢先に、

 

面接官から
「何か質問はありますか?」
と聞かれて

ドキッとした経験ありますよね。

 

その質問を
ちゃんと準備してあれば良いのですが

中には
そうじゃない人もいるようです。

 

あなたは
大丈夫ですか?

 

その質問の仕方次第で
それまでの努力が帳消しになる
危険性があるのを知っていますか?

 

 

面接の最後にする質問で注意するコトは?

 

実は
面接の最後に
面接官にする質問には
3つの注意したい点があります。

 

1つ目は、
質問することが思いつかず、「何もありません。」と素っ気なく答えてしまうコトです。

 

これでは
面接官はあなたに
「意欲が無いなぁ」
「第一志望じゃないのかな」
との印象を持ちかねません。

 

2つ目は、
その場で思いついた取って付けたような質問をするコトです。

 

HPなどで
事前に見ていれば分かるコトや

面接での
話の内容から分かるコトなどでは、

場数を踏んだ面接官なら
「あまり思慮深くないなぁ」と
軽薄なコトを見抜かれてしまいます。

 

3つ目は、
条件(有給、福利厚生など)について質問をするコトです。

 

あなたにとって絶対譲れない
条件なら質問もアリですが、

そうでなければ、
このタイミングでは
質問するのを控える方が無難です。

 

質問された面接官は
「条件ばかりを優先する人かぁ」と
採用意欲が減少するかもしれません。

 

面接の質問「3つのリスク」を回避するには

 

面接の最後に
「何か質問ありますか?」
と聞かれるのを忘れずに

事前に
面接官に質問する内容を
3つ以上用意しておきましょう。

 

その準備した質問の内容が適切か
分かる方法があります。

 

自分に
「何故その質問を聞くの?」
と問いかけてください。

 

それに対して
しっかりと答えられて

その答えが、面接官にも
受け入れてもらえそうなら

その質問を
面接に持参すれば良いでしょう。

 

もし、用意した質問の内容を、面接中に、面接官からすでに聞いてしまっていたら

 

また、
面接がとても良い感じで進み

面接官からも色々話が聞くことが出来、

事前に用意した質問の内容も聴けて
もう既にクリアになっているなら

あえて質問する必要はありません。

 

その場合は、

「今日は色々とご説明をいただき、ありがとうございました。おかげさまで、面接前にお聞きしたいと思っていた事は全て理解出来ました。ですので、質問はございません。」

のように、お伝えすればOKです。

 

上記にも、
面接官への感謝の言葉が
入っているコトをお忘れなく。

 

もし
あなたが

面接での話し方
質問への回答の仕方
面接官への質問の内容などが
不安だったり、悩まれているなら

転職の個別サポート塾の
無料相談にお越しください。

 

転職の個別サポート塾では
面接で内定がもらえるよう
お客様をサポートしています。

 

あなたの転職成功も
お手伝いします!

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

A4二枚で選ばれる人になる!
職務経歴書をラブレターに変えて
転職成功を引き寄せる
「転職PRの専門家」西澤靖夫

 

 

 

あなたと一緒に
本当の魅力を見つけて
面接に呼ばれる職歴書を作って
面接で堂々と話せる自信をつけて
転職活動の全般をサポートしてくれる

そんな魅力的な転職の個別サポート
初回の無料の相談面談
詳細とお申込みは、こちらから
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

お問合わせ
-->