「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

知らない間に、面接でディスってませんか? 危ないですよ

知らない間に、面接でディスってませんか? 危ないですよ

女性 ×ポーズ

 

こんにちは!

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日は、
これをやったら
「採用が遠のいちゃいますよ~」
って、注意事項を一つ。

 

それは
面接で、ディスる」です。

 

「えっ、何???」
って、思われましたか?

 

それは
こういうコトです。

 

面接で
前職や現職の
「会社」「職場」「上司」「同僚」
などへの不満や良くない指摘を
するコト、です。

 

中には

ボロカスに悪く言う人がいたり

愚痴みたいな感じで
止まらなくなる人もいます。

 

私も採用責任者だった時に
何名もの
そんな応募者に遭遇しました。

 

 

現職や前職の何かを、悪く言ってしまうのは何故?

 

理由は
大きく2つあると思っています。

 

一つは、
本当に凄く嫌いだった、というケース。

 

我慢しきれなかったんでしょうね(笑)

 

もう一つは、
自分を良く魅せようと
以前の会社・職場を
あえて貶める表現をしているケース。

 

どちらにしろ、
面接に臨む本来の目的からすれば、
大いに反しています。

 

それを聞いた
面接官の気持ちを考えれば

印象が良くなるコトは
まず無いですよね。

 

それでは、
応募者の目的(採用される)
が果たされるコトはないでしょう。

 

これは
面接や転職に限らず、
上手に生きていく上でも
気をつけるべきコトだと思います。

 

誰かを悪く言って、
自分の望みを叶えようとするのは
素敵な手段ではないですね。

 

あくまでも
自分の魅力で勝負したいものです。

 

その方がカッコイイいいでしょ。

 

でも
面接官が
誘導してくるコトもあるので
要注意です。

 

面接官のこの質問は要注意

 

面接官が

「前職では何か不満がありましたか?」

「前職を退職されたのは、何か問題がありましたか?」

のように
「不満」や「問題」と言う言葉を
使って質問してきたら

安易に
思ったままを話してはイケマセン。

 

通常の質問には
ピントのあった簡潔な回答を
心がけるべきですが

「不満」や「問題」などに
ピントを合わせたら

前述のような
「アウト」な人になってしまうかも
しれませんよね。

 

基本的には
大きな「不満」や「問題」は
無かった。

 

でも

これぐらいの問題はあったけれど
自分の捉え方を変えるコトや
自分が働きかけて改善していくコトで
問題を小さくできました

って感じの話に
していくコトをお勧めします。

 

面接官からの
「不満」や「問題」を含んだ
質問への回答には、
くれぐれもご注意を。

 

そうは言うけど

前職があまりにも酷い環境で
悪く言うしかないんですけど

こう言う場合は
どうしたらイイんでしょうか

と、
あなたが思ったなら

転職の個別サポート塾の
無料相談にお越しください。

 

あなたが面接で
悪口や愚痴を言わないで

あなたの魅力が
しっかり面接官に伝わるようにして

転職成功するよう
お手伝いします!

 

□■□■□■□■□■□■□■□

 

A4二枚で選ばれる人になる!
職務経歴書をラブレターに変えて
転職成功を引き寄せる
「転職PRの専門家」西澤靖夫

 

 

 

あなたと一緒に
本当の魅力を見つけて
面接に呼ばれる職歴書を作って
面接で堂々と話せる自信をつけて
転職活動の全般をサポートしてくれる

そんな魅力的な転職の個別サポート
初回の無料相談
詳細は、こちらから
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

お問合わせ
-->