「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

「職務経歴書の書き方はコレでいいの?」【転職活動の悩み】

「職務経歴書の書き方はコレでいいの?」【転職悩み】

imag0757

 

こんにちは。

転職の個別サポート塾「ジョブレスキュー」代表の西澤です。

 

今日のテーマは

「あなたの作った職務経歴書が適切か、診断するポイント」をお伝えします。

 

あなたは
もう職務経歴書を書きましたか?

 

自分一人で
書きあげましたか?

 

出来映えはどうですか?

 

自信はありますか?

 

あ、
スミマセン。

質問攻撃になってしまいました。

 

転職の個別サポート塾では
お客様と私が一緒にワークして
職務経歴書を作っていきます。

 

その作り上げた職務経歴書は

お客様がはじめに持参された
職務経歴書と比較すると

お客様が
自信を持てる内容になっています。

 

そして
採用担当者にとっても
読み易く、分かり易い
職務経歴書になっています。

 

だから
面接に呼ばれるようになり
堂々と面接で話せる内容になります。

 

そんな観点から

あなたが
今お持ちの職務経歴書が適切なのか
診断するポイントを見て行きましょう。

 

 

採用担当者のつもりになって、職務経歴書を読み返していますか?

 

職務経歴書は
何のために使われるでしょうか?

 

それは、
求人している企業が
自社の欲しい人材を採用するための
書類選考と面接選考に使われます。

 

「もちろん、そんな事は知っているよ」
と思われましたよね。

 

では、
その選考を行う
採用担当者のつもりになって、

あなたの作った
職務経歴書を読み返していますか?

 

採用担当者は
まだ会っていない応募者を職務経歴書
(サイトの場合はWEB履歴書)
だけで選考を行い、

面接に呼ぶか、
職務経歴書の印象(評価)で
決めなければなりません。

 

応募者が多くいれば
興味を持てるか、どうかを
職務経歴書の1枚目の上から
半分くらいで判断してしまいます。

 

それも、
じっくり読むのではなく、
ざっと目を通したくらいで、
判断するのです。

 

興味を持てれば、
その先も読んでもらえます。

 

そして、
良い印象ならば、
しっかり読んでもらえます。

 

それには、
採用担当者が
イメージし易い「言葉」と、
読み易い&理解し易い「表現」が
重要になります。

 

つまり、
職務経歴書の1枚目の上半分に
採用担当者が興味を持つ
「言葉」と「表現」で書かれている
必要がある訳です。

 

あなたが、
自分の職務経歴書を読むと、

自分のコトなので
理解できるのです。

 

ところが、
採用担当者は
あなたのコトを全く知りません。

 

職務経歴書、
特に一番上の職務要約(略歴)に
書かれている内容で、

あなたのコトを
はじめて、なんとなく知るのです。

 

その時に、
ビビッときて

「なんか良さそうな人だな」とか、
「面白そうな人そうだ」とか、
「うちに合いそうな人かもしれない」

なんて思ってくれれば、

興味を持って、
その後も読み進めてくれる訳です。

 

だから、
あなたの職務経歴書を良くするには

その読み手である
採用担当者のつもりになって
読んでみる必要があります。

 

はじめて読む採用担当者の
つもりになって

「これなら興味を持ってくれるハズ」や
「読み易く、分かり易い」と思えるなら
第一関門突破です。

 

良かったですね。

 

でも、
自分のコトは甘く考えがちですから

出来たら
採用担当者の経験がある人に
見てもらって評価を聞いた方が
より良いですね。

 

もし
あなたの周りに
採用担当者の経験がある知人が
いないなら

転職の個別サポート塾の
無料相談をご利用ください。

 

2社で
営業本部長と採用責任者を経験し

転職の個別サポート塾で
既に200名のお客様の転職成功を
サポートしてきた私が

あなたの職務経歴書が
採用担当者に
興味を持ってもらえるか
診断しますので。

 

 

採用担当者が知りたいコトを中心に記載していますか?

 

今まで経験してきたコトは
全部書きたいですよね。

 

でも全部載せていたら
職務経歴書の枚数が
どんどん増えてしまいます。

 

あなたの職務経歴書は何枚ですか?

 

出来たら、2枚に収めたいですね。

 

今回応募する業種・職種に
ほとんど関係ない過去の経歴についても

関係の深い経歴の職務内容と
同じくらいの量を書いていませんか?

 

それどころか
その関係ない経歴の内容の方に
スペースを多く割いていたりして。

 

そんな状況になっていたら、

採用担当者は、
途中で読むのに飽きてくるでしょう。

 

そうなったら、
面接に呼ばれる確率は、
0%に近づいています。

 

採用担当者は、
自社に合った良い人材を
採用したいのですから

今回の求人内容に、
できるだけ適合した人を
面接に呼びたい訳です。

 

それを
分かり易く書いてある
職務経歴書には好感が持てるので

面接に呼ばれる確率は
グンと上昇していきます。

 

あなたの職務経歴書は
応募する業種・職種に合った
内容にスペースを多く割いていますか?

 

 

自己PRは、一見して読みたくなる書き方をしていますか?

 

採用担当者が
あなたの職務経歴書の
2枚目まで目を通して

そこに書かれている内容を
読もうとしているなら

面接に呼ばれる確率は
かなり高まっていると思っていいでしょう。

 

職務経歴書の2枚目の要は、
自己PRです。

 

あなたの自己PRは
パッと見た時に

「お、面白そうだな。もうちょっと読んでみるか」と、採用担当者が思うような表現になっていますか?

 

また、読んだら、
あなたの本当の魅力が
伝わる内容になっていますか?

 

それが、出来ているなら、
あなたの職務経歴書は大丈夫です。

 

きっと、
その職務経歴書が
あなたの転職成功を叶えてくれるでしょう。

 

でも、
「そうなっていないなぁ」と思ったなら

あなたの転職成功を叶えるために
やれるコトは、まだまだ沢山ありそうです。

 

少なくとも、
採用担当者に
自己PRを読んでもらえるように
改善するだけでも

面接に呼ばれる確率や
面接で内定をもらえる確率は
かなり違ってくるはずです。

 

自己PRの内容と表現が
また職務経歴書の全体が

「あなたが選ばれる仕掛け」に
なっているかどうかで
結果は全く違ってくるのです。

 

それを知りたい方は、
転職の個別サポート塾の
無料相談にお越しください。

 

「あなたが選ばれる」ための
あなたの魅力探しも

その魅力が伝わる自己PRの作り方も
アドバイスいたします。

 

%e8%bb%a2%e8%81%b7%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%99%ef%bc%81

 

職務経歴書に自信が持てないなら、転職の個別サポート塾の無料相談にお越しになりませんか?

お使いの職務経歴書をお持ちいただければ、お話をしっかり聴いた上で、「どこを」「どう改善すれば」良いのか、お伝えします。

今より2~4倍面接に呼ばれる職務経歴書に作り変えるコトも可能です。

そうすれば、あなたが望む転職が出来る可能性が高まります。

また人材紹介会社(エージェント)からも良い紹介がもらえるようになります。

 

よろしければ
無料相談にお越しください。

 

 

 

あなたと一緒に
本当の魅力を見つけて
面接に呼ばれる職歴書を作って
面接で堂々と話せる自信をつけて
転職活動の全般をサポートしてくれる

そんな魅力的な転職の個別サポート
初回の無料相談
詳細は、こちらから
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

お問合わせ
-->