「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

第一志望から採用されるには「練習の面接」が必要です【転職】

本命(第一志望)の企業に採用されるには、「練習の面接」をした方がイイですよ。【転職】

面接

 

こんにちは!

転職PRの専門家・西澤靖夫です。

 

今日のテーマは
練習の面接」です。

 

えっ、面接の練習じゃなくて

練習の面接」って何?

と思われましたか?

 

書き間違いではなく(笑)

今日のテーマは
練習の面接」なのです。

 

例えば
あなたは、

職務経歴書が出来上がったら、

第一志望(本命)の企業に
真っ先に応募しますか?

 

それとも
本命に応募する前に
興味のある企業に幾つか
応募しますか?

 

後者を実践されているなら
大丈夫です。

 

その応募した企業から
面接に呼ばれれば

それが
「練習の面接」になりますから。

 

もし
本命企業を一番最初に応募すると
練習の面接」を経験しないで

本命の面接が
いきなり本番になってしまいます。

 

それでは
あなたの魅力や実力が発揮できず

第一志望(本命)の企業に
採用される確率は高くないでしょう。

 

だから、練習の面接が必要なのです。

 

日頃、
面接なんて経験しないでしょうから

いくら
自宅で練習したとはいえ

面接に慣れていない状態で
いきなり本命企業の面接では

かなり緊張もするし
面接官の質問への受け答えも
たどたどしくなる可能性が高いです。

 

だから
練習の面接」が必要なのです。

 

面接の最も良い練習台は
本番の面接なのです。

 

本命に応募する前に、
練習の面接を経験することを
オススメします!

 

その面接から
多くのことを学べます。

 

その気付きと学びを、

職務経歴書の微修正
面接での話す内容の修正
質問への回答の修正に活かして

本命企業に
チャレンジしてみましょう!

 

いきなり本命に応募せずに
練習の面接を経験しましょう!

 

転職は自分を再発見する旅でもあります ^^

 

職歴書を作るヒントや面接でアピールするヒントを、1日1ヒントお送りしています。

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

A4二枚で選ばれる人になる!
職歴書をラブレターに変えて、
転職成功を引き寄せる
「転職PRの専門家」西澤靖夫

 

 

 

あなたと一緒に
本当の魅力を見つけて
面接に呼ばれる職歴書を作って
面接で堂々と話せる自信をつけて
転職活動の全般をサポートしてくれる

そんな魅力的な転職の個別サポート
初回の無料相談
詳細は、こちらから
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

お問合わせ
-->