「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

初めての転職。「職務経歴書どう書けばいいの?」転職の悩み【職務経歴書】編

初めての転職。「職務経歴書どう書けばいいの?」転職悩み職務経歴書】編

DSC_0403

 

こんにちは。

転職の個別サポート塾「ジョブレスキュー」代表の西澤です。

今日は、「はじめての転職で、職務経歴書を書くときに知っておきたい事項」をお伝えします。

 

まず、職務経歴書のフォーマットを決めましょう

 

職務経歴書は原則フリーフォーマット。

 

つまり、形式は自由だと言うコト。

 

でも、よほど個性的な人以外のほとんどの人が、世の中に出回っている幾つかの形式を使って、職務経歴書を作られています。

 

転職の個別サポート塾でも、転職・再就職で基本とされる形式をベースにして、採用担当者が読み易い内容に、お客様と一緒に作っています。

 

A4サイズの用紙2枚に収まるようにします。そして、そこに載せる項目の順番にも意図があります。あなたが「選ばれる」ための職務経歴書にするために、下記の各項目を書いていきましょう。

 

imag0756

 

職務要約から始める

 

職務経歴書のトップ(書き始め)は「職務要約」です。あなたの今まで職歴や職務経験を、まだあなたのコトを知らない相手に、一見して「なんとなく分かる」ように簡単に書くものです。いわゆる「自己紹介」みたいなモノです。

 

書類選考をする採用担当者が、一番初めに目にするのがココ。だから、この職務要約で、採用担当者の興味を惹く必要があります。そのためには、興味を持つ「言葉」の選択が重要になります。

 

それらの言葉を散りばめて、6行~8行程度の文量で、採用担当者が興味を持つ「あなたの略歴」を作るのです。

 

 

職務経歴は、出来るだけコンパクトに

 

職務要約の次は、職務経歴です。経験した会社毎に書いて載せていきます。

 

載せる順番は、応募する企業の職種の経験がある場合は、その企業が早く見るコトが出来るように、現職(もしくは直近)の企業から遡って書いていくか、1社目から順に書いていくかを決めます。

 

やったコトを全て書きたい気持ちを抑えて、応募する企業の職種に役立つ業務経験や業績を厚く、あまり関係無い、役立たない業務経験は、極力少なく書くか、書かない選択をして、コンパクトに書くようにします。

 

そうしないと、職務経歴書が2枚でおさまらず、3枚、4枚とどんどん増えてしまいます。実は、それが、採用担当者に読まれない原因になりかねません。

 

 

経験した業務内容は出来るだけ短く箇条書きで

 

職務経歴の項目には、経験した業務内容を必ず載せます。それを文章で説明してしまうと、まだあなたのコトを知らない採用担当者にとっては、読み難いモノになりがちです。採用担当者は、応募者が必要な業務経験があるのか、スキルがあるのか、を知りたいので、それが一見して理解出来るように書いておいてあげると親切です。

 

経験した業務内容の下には、「主な業績」や「特記事項」として、良い実績をあげたり、表彰されたり、昇格したり、したコトを載せておくと良いでしょう。これは自己PRになります。ここは文章で書いて良いですが、出来るだけシンプルに表現します。細かい説明は、読まれなくなるリスクや、印象が薄くなるリスクがあります。

 

 

取得した資格やPCスキルの記載も忘れずに

 

職務経歴書の2枚目になりますが、職務経歴の次に「資格」や「PCスキル」などを載せます。応募した職種の業務と遠く、全く関連の無い資格などは載せなくても結構です。

ここからが、ある意味「自己PR」の範疇になります。

 

 

「貴社で活かせるスキル・経験」と「自己PR」

 

「貴社で活かせるスキル・経験」と「自己PR」は、多くの人にとっては、両方書く必要はありません。大きく捉えれば両方とも「自己PR」です。

 

ただし、職務経歴書にスペースがあり、外せないスキルや経験があり、自己PRにも書きたいコトが沢山あるなら、上手に両方を分けて書くと良いと思います。

 

上記のような状況でなければ、自己PRに絞って載せましょう。

 

 

自己PRは、タイトルと説明文のセットが有効

 

自己PRは、文章でつらつらと書かれるモノと、3~5つの「タイトル+説明文」の箇条書きで載せたモノがあります。

 

転職の個別サポート塾のお客様には、後者の「タイトル+説明文」のタイプを推奨して、お客様と一緒に作っています。

 

実は、世の中で「ついつい興味を持ってしまったり」するのは、このパターンが多く使用されています。つまり、「選ばれる」ための仕掛けとして有効です。

 

反対に、いきなり説明した長い文章を、人がしっかり読むかと言うと、そうではないケースが多いでしょう。あなたも、そうではないですか?

 

だから、書類選考で、面接で、「あなたが選ばれる」ために、採用担当者や面接官に「あなたに興味」を持ってもらうためには、興味を惹く「キャッチーなタイトル」を書き、その下に「その説明」を簡単にまとめた内容を書くと良いのです。

 

世に流通している商品の多くが、沢山売れるようにキャッチコピーを作り、CMや広告で訴求していますよね。その出来次第で、売れ行きが変わります。あなたの自己PRのタイトルも、それと同じ役目です。

 

「コミュニケーション力」とだけ書かれている方も見かけますが、それでは採用担当者の興味は惹けません。

 

例えば、

売上を前年比150%に伸長させたコミュニケーション力

売上1.5倍を実現した「チーム力を向上させた」コミュニケーション力

などのように

強みは「コミュニケーション力」ですが、それが、どういう成果を挙げるのに役立ったかまで分かるように表現しています。

 

これに採用担当者が興味を持てば、そのタイトルの下の説明文も「本当なのかな?」「どういうコトなのかな?」と読んでくれる確率が高くなります。

 

あなたが選ばれるためには、自己PRはとても大事です。そして、その伝えたいコトは、「職務要約」から「自己PR」まで、職務経歴書を通して、全体で表現できると、とても印象がよくなり、強い職務経歴書になると思います。

 

 

必要に応じて、特記事項を載せる

 

働いていないブランクがあったり、退職理由が少々悩ましい場合など、職務経歴書の最後に、特記事項の項目を設けて載せるのも、有効な一手です。

 

載せるコトで、「私はリスク無いですよ~」と、採用担当者の疑問や心配を払拭するために載せます。

 

誰もが載せる必要は無く、それが必要な人だけです。目的が明確で、それに適した内容・表現が出来れば、有効な記載になります。

 

転職の個別サポート塾のお客様も、約半数の方が、私と一緒に作った「特記事項」を載せるコトで、選ばれ易くなり、転職・再就職を成功させています。

 

 

imag0757

 

職務経歴書を作る上で大事なコトは

 

職務経歴書の形(最終形)が見えないと、作り始められない人も多いので、「まずフォーマットを決めましょう」と前述しましたが、実は、その前にやるべきコトがあります。

 

それは、「仕事の棚卸し」と「自己分析」です。これが苦手な方が多いんです。

 

普段やらないコトなので、苦手なのは、あたり前ですけどね。

 

でも、これをしっかりやってからでないと、いきなり職務経歴書を書き始めると、採用担当者から「選ばれない」職務経歴書になってしまう可能性が高いです。

 

なので、転職の個別サポート塾をご利用されるお客様は、まず初めに、私と一緒に、コレを行います。それも手短に。

 

自己分析」で、採用担当者に伝えるべき「自分の魅力」を見つけるコトは、特に重要です。コレが出来れば、もう転職は半分成功したも同然です。

 

 

言葉は重要。表現も重要。

 

職務経歴書は、「選ぶ」と言う目的のために、採用担当者が目を通すモノです。

 

「目を通す」と書いたのは、興味の持てない職務経歴書は、読まれず、目を通すだけで終わる可能性があるからです。

 

目を通す」⇒「興味を持つ」⇒「真剣に読む」の段階があります。

 

だから、興味を持ってもらうためには、適切な言葉を選ばなくてはいけません。安易な言葉選びが、あなたを採用から遠ざけるかもしれないのです。

 

また、「読み易く、分かり易い」表現を心がけましょう。長く饒舌な文章や、説明がまどろっこしい文章では、採用担当者の読みたい意識が薄れます。

 

 

%e8%bb%a2%e8%81%b7%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%99%ef%bc%81

 

初めて職務経歴書を作るなら、転職の個別サポート塾で、私と一緒に作りませんか?

 

面接に呼ばれて、自信を持って堂々と面接に臨める職務経歴書を作れば、良いご縁の会社に採用される確率が高まります。また人材紹介会社(エージェント)からも良い紹介がもらえます。

 

よろしければ、無料相談にお越しください。

 

 

 

あなたと一緒に
本当の魅力を見つけて
面接に呼ばれる職歴書を作って
面接で堂々と話せる自信をつけて
転職活動の全般をサポートしてくれる

そんな魅力的な転職の個別サポート
初回の無料相談
詳細は、こちらから
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

お問合わせ
-->