「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

面接に呼ばれる、採用される職務経歴書・履歴書の書き方のコツとは?

応募書類は、転職再就職成功の第一歩。面接に呼ばれる、採用される応募書類履歴書職務経歴書)の書き方コツを知っていますか?

1123履歴書ペン

 

こんにちは。

転職PRの専門家・西澤です。

 

転職の個別サポート塾で、私は毎日、お客様の転職・再就職が成功するよう「お客様の仕事の棚卸」「自己PRの基になる強み探し」「自己PR作り」「職務経歴書作り」や「面接での話し方」などを指導・サポートしています。

 

また、お客様が心配されている「転職回数が多かったり」「年齢が高かったり」「退職理由に課題を抱えていたり」「転職後の在籍期間が短かったり」などのハンデを軽減する「特記事項の使い方」などもアドバイスしたり、一緒に作ったりしています。

職務経歴書の特記事項の効果的な使い方について、はココをクリックしてをお読みください。

 

転職の個別サポート塾を
ご利用される多くの方が、

その「自己PR」や「職務経歴書」
に自信が持てなかったり

堂々と「面接で話す」ことが
苦手だったりします。

 

 

でも実は、
転職・再就職で採用されるための
第一歩である応募書類の
履歴書職務経歴書

特に
職務経歴書を作るのは
コツさえ掴んでしまえば
さほどに難しくないのです。

 

そして
自信が持てる
しっかりとした職務経歴書が出来ると

不思議なもので
面接の苦手意識も減ってくるのです。

 

転職の個別サポート塾で
そんな良い変化を遂げたお客様を
沢山見てきました。

 

なので
職務経歴書が
「上手く作れない」
「自信が持てない」
と言う人は、

職務経歴書の書き方の
コツを知らないだけなんです。

 

もちろん、

職務経歴書の見映えを
良くするだけなら

世に出回っている
サイトや書籍のサンプルを使えば

一見カッコよく
見えるように作ることは簡単ですし、
みんなやってます。

 

 

でも、

面接に呼ばれて
堂々と面接で話して
内定をゲットできる
職務経歴書を作るには

体裁だけがカッコ良くても
ダメなんですよね。

 

形式を真似て、
それに当てはめて
形はそれなりの物が出来る
そう言う方式で作ると、

採用担当者に
伝えるべき自分の魅力が

何故か、
どこかへ行っちゃうんですよ。

 

そして
面接であなたに会った面接官は

あなたに対して
どこかギャップを感じるのです。

 

この
職務経歴書からのイメージと
実際に会った「あなた」の印象との
ギャップ

なかなか採用されない要因の
一つになります。

 

あなたは、
そんな職務経歴書書き方
をしていませんよね?

 

えっ、
「しているかもしれない」ですか。

 

それは困りますね。

 

えっ
「じゃあ、どうすればいいの?」
ですか。

 

実は
こうすれば、いいんです。

 

続けて、下記をご覧ください。

 

 

面接に呼ばれる職務経歴書の書き方のコツ

 

「自信が持てる」「面接に呼ばれる」
職務経歴書を作るには

いきなりパソコンに向き合って
書き始めてはいけません。

 

まずは一番初めに、
自分の職歴の棚卸をしっかり行い

自分の業績やその業績を達成するのに
使用した「スキル」や「工夫・努力」
などを全て書き出してみるのです。

 

それらは全部「あなたの強み・魅力」つまり自己PRの基にもなります。
(※ 実は意外と、この作業をすっ飛ばしたり、しっかりやらないで、いきなり職務経歴書を書き始めてしまい、作った職務経歴書に自信が持てない方が多いようです。)

 

そして、書き出した「実績」や「スキル」「工夫・努力」などの中から、これから応募しようと考えている業種・職種で活かせるものを見つけ出します。

 

見つけ出した
「ソレ」を核にして文章を作り

採用担当者や面接官に
伝わる表現を工夫しながら

「自己PR」や「職務要約」などの
職務経歴書の文章を書いていきます。

 

応募した企業・職場で活かせる
「業務経験」が目立つよう
ボリュームを与えて構成することも
とても大事です。

 

職務経歴書を書くときは、相手の気持ちになるコトが大事

 

それらを
行うときの重要なポイントは

採用担当者の
立場・気持ちになって、

  1. 読み易く
  2. 興味を持てる
  3. 期待できる

内容にしていくコトが大事です。

 

「それが簡単じゃないんですよ」
って言われそうですが

慣れれば、
そんなに難しくはないんです。

 

もし、あなたが
職務経歴書を作るのが
本当に難しいって思っているなら

転職の個別サポート塾の
無料相談にお越しください。

 

応募先の採用担当者が
あなたのことを魅力的に感じる
自己PR職務経歴書を一緒に作りましょう。

 

 

転職の個別サポート塾で職務経歴書を作られたお客様の感想(一部)

 

既に、転職の個別サポート塾を利用され、一緒に職務経歴書を作って、転職・再就職を成功させたお客様からの感想を一部ですが載せますので、良かったらご参考にしてください。

 

「これならイケる!」と確信しております。【30代女性のお客様の感想】

 

職務経歴書が自信を持って話せる内容になりました。自分1人では到底出来なかったです。【30代男性のお客様の感想】

 

まるで魔法がかかったように、輝くような職務経歴書に変身しました【40代女性のお客様の感想】

 

上記は、
ごく一部のお客様の感想ですが
参考にしてください。

 

転職活動は、
悩まず、苦しまず
楽しく、楽に進めましょう。

 

転職サポートの専門家と一緒なら、
それが可能です。

 

悩んでいるより
まずは、無料相談です。

 

結構
案ずるより産むは易し、で

相談して
自分に合ったサポートが分かると

あっと言う間に
転職・再就職できちゃうかも
しれません。

 

そう言うお客様も
少なくない、いや、多いですよ。

 

そうかなぁと思ったら、
下記から
無料相談にお申込みください。

 

もし、あなたが
面接に呼ばれる職歴書を作って
自信を持って面接に臨みたいなら
無料相談をご利用ください!

「転職を成功させたいなら」
「転職に悩んでいるなら」
「再就職を早く決めたいなら」

まずは、転職の個別サポート塾の無料相談を受けてみませんか? あなたの状況をしっかりお伺いします。そしてあなたの不安や悩んでいる点をお聴きします。その上で、あなたの転職・再就職を成功させるための改善点をご説明致します。

 

 

書類選考をする採用担当者は、応募書類をどう見るのか?

 

私が運営する転職の個別サポート塾「ジョブレスキュー」で、私は、初回の無料相談にお越しいただいたお客様とお会いした時、一番初めに、ご持参いただいた応募書類履歴書職務経歴書を拝見します。

 

私は、企業の採用責任者として3,000名の書類選考と500名の面接をしてきた経験を活かし、また日々、転職の個別サポート塾で、既に約200名のお客様の応募書類を一緒に作ってきている経験から、その応募書類履歴書職務経歴書)が魅力のある内容か、瞬時に判断します。

 

主にチェックする
ポイントを挙げると、

 

履歴書では

  • 不用意な空白は無いか
  • 最終学歴は
  • 職歴は何社か
  • 最終はどの企業か
  • 志望動機はしっかり書かれているか

 

職務経歴書では

  • 体裁は整って読み易いか
  • 全体の文量は適切か
  • 職務要約に目に入ってくるワードがあるか
  • 職務経歴に応募職種に重なる職務があるか
  • 自己PRがしっかり書かれているか
  • 特記事項やユニークな項目があるか

 

これらを、わずかな時間(1分未満)で見るようにしています。そこで、魅力を感じられれば、もっと深く読みたくなるので、面接に呼ばれる可能性が高いわけです。

 

反対に、魅力を感じなければ、面接に呼ばれる可能性が低いというわけです。

 

魅力以前に、文量が多過ぎたり、少なくスカスカな感じだったりすれば、採用担当者(選考官)も読む気がせず、即落選になります。

ちなみに、
それを秒殺と言います。

コレは怖いですよね。

でも、私が企業で採用責任者だった時でも、出来の悪い職務経歴書は秒殺していました。

 

つまり、上記の主だったチェックポイントが出来ていて、第一関門突破となるわけです。

 

転職の個別サポート塾の初回の無料相談では、その第一関門突破出来るレベルかどうかを、まずは確認するのです。

 

その上で、お話を聞きながら、一項目づつ内容をしっかり読んでいきます。

 

DSC_0403

 

採用担当者が職務経歴書で知りたいのは…

 

私の採用経験では、興味を持った職務経歴書は、次の項目をしっかり読んでいきます。

 

職務要約

⇒自己紹介としての内容
⇒文章が分かりやすいか

 

職務経歴

⇒募集職種と重なる職務内容
⇒特筆すべき実績等

 

スキル・経験

⇒自社が求めている内容か

 

自己PR

⇒自社に馴染めそうか
⇒自社で活躍できそうか

 

特記事項

退職理由転職理由などは妥当か
⇒ブランク期間について記載はあるか

※ この職務経歴書の特記事項は、使い方によっては、採用につながる武器になりますので、興味を持たれる方が多いようです。特記事項について、こちらのページで詳しく説明しています。ご興味のある方は、上記の青文字をクリックして、ご参照ください

 

上記の各項目を読んだ上で、段々と興味が強くなっていって、自社でも活躍してくれそうだなと期待を持てれば、採用担当者は、面接で是非会ってみたいと思う訳です。

 

私は、お客様の持参された職務経歴書を読んで、それらのポイントの「どこが弱くて」「どう改善していけば」面接に呼ばれて内定に近づくのかを、短い時間で判断します。

 

そして
そのポイントを、
無料相談で
お客様にお伝えしています。

 

応募書類履歴書職務経歴書は、採用担当者(選考官)にとって、読み易く ⇒ 興味が持てる ⇒ 期待が持てる 内容に仕上げることが、面接に呼ばれるコツです。

 

 

あなたは、職務経歴書に自信がありますか?

 

転職の個別サポート塾では、転職PR術を活用して、お客様が「面接に呼ばれる」「面接で堂々と話せる」職務経歴書を作れるようサポートしています。

 

転職の個別サポート塾「ジョブレスキュー」で、お客様と私で一緒にワークセッションをすると、それまでの2~4倍面接に呼ばれるようになります。実際、6ヶ月間面接に1社も呼ばれなかったお客様が1ヶ月で面接に複数呼ばれて、1ヶ月半で内定をゲットしたケースもあります。

 

採用担当者(書類選考官と面接官)の気持ち・考え方を理解して、コツが分かれば、面接に呼ばれる応募書類(履歴書・職務経歴書)を作るのは、そう難しくありません。それどころか、自信を持って面接に臨めるようになります。それを可能にする転職PR術です。

 

もし、あなたが
面接に呼ばれる職歴書を作って
自信を持って面接に臨みたいなら
無料相談をご利用ください!

「転職を成功させたいなら」
「転職に悩んでいるなら」
「再就職を早く決めたいなら」

まずは、転職の個別サポート塾の無料相談を受けてみませんか? あなたの状況をしっかりお伺いします。そしてあなたの不安や悩んでいる点をお聴きします。その上で、あなたの転職・再就職を成功させるための改善点をご説明致します。

 

 

 

面接に呼ばれる履歴書・職務経歴書の書き方のまとめ

 

採用担当者は多数の応募を検討するため、最初はわずかな時間が勝負の分かれ目。

長すぎるもの、短すぎるものは、秒殺で落ちてしまう可能性があります。

まず見られる履歴書のポイントは、不用意な空白、最終学歴、何社の職歴か、最終職歴の会社、志望理由などであり、

また、職務経歴書では、読みやすい体裁か、適切な文量か、職務に目に入るワードがあるか、どれだけ応募職種と重なるか、自己PRや特記事項は印象的か、ということです。

その上で、特筆すべき実績や自社が求めるスキルや経験があるかどうか、自己PRなどから、自社に馴染んで活躍できそうな人物かを検討されるわけです。

さらに、特記事項では、退職理由が妥当であるか、またブランクなどについて記載があるかという点でも判断されます。

転職の個別サポート塾「ジョブレスキュー」では、採用担当者に興味をもってもらい、書類選考を突破して、面接に呼んでもらうための履歴書職務経歴書書き方について、マンツーマンで指導して、お客様と一緒に作っています。

 

 

あなたも、転職の個別サポート塾をご利用になりませんか?

ご興味のある方は、下記 ↓ をクリックして、無料相談の詳細をご覧ください。

既に、約200名の方が、ご利用になられて、転職・再就職を成功させています。

 

 

もし、あなたが
面接に呼ばれる職歴書を作って
自信を持って面接に臨みたいなら
無料相談をご利用ください!

「転職を成功させたいなら」
「転職に悩んでいるなら」
「再就職を早く決めたいなら」

まずは、転職の個別サポート塾の無料相談を受けてみませんか? あなたの状況をしっかりお伺いします。そしてあなたの不安や悩んでいる点をお聴きします。その上で、あなたの転職・再就職を成功させるための改善点をご説明致します。

 

 

お問合わせ
-->