「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

職務経歴書を書くとき「隠すテクニック」を使っていますか?【転職PR】

職務経歴書を書くとき「隠すテクニック」を使っていますか?【転職PR】

 

女性 ブラインドの前

 

こんにちは!

転職PRの専門家・西澤靖夫です。

 

今日のテーマは
隠すテクニック」です。

 

職務経歴書を書いていると

「コレも載せよう」

「アレも書いた方がいいな」

など、
書くコトがどんどん増えませんか?

 

「自分のコトを沢山知ってもらいたい」

「漏れていたら面接に呼ばれないかも」

なんて思うと
沢山書きたくなっちゃうのは
致し方ないですよね。

 

でも
全部書いたら多過ぎて
まとまり無くなって
採用担当者は読んでくれないし

面接で話すコトも
無くなっていきますよ(笑)

 

実は
職務経歴書を作るときに
全部漏れなく書いて載せるより
あえて、重要な数字などを載せない方が

面接でのPRがし易くすくなる
テクニックがあるのを知っていますか?

 

「隠す」と、ソコを面接官は聞きたくなる

 

例えば、
営業で、新規契約について、

件数は載っているけど、
平均単価や金額は載せていない
とか、です。

 

そうすると

面接官は
「これは突っ込まなきゃ」と思い

人によっては
ニヤっとして質問してきます。

 

あえて載せていないので
そこで突っ込まれるのは予測済み。

用意してあった
PR含みの回答をすれば、OK。

 

つまり
面接官の質問を
あなたが誘導できるのです。

 

完璧すぎる職務経歴書は
素晴らしいです。

 

でも
完璧過ぎると

私のような天邪鬼な面接官は
変わった角度から
質問のネタを探しますよ。

 

そうなれば
あなたは予測していない質問に
回答しなければならなくなります。

 

それはちょっと避けたいですよね(笑)

 

隠すテクニック、やってみませんか?

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

A4二枚で選ばれる人になる!

職歴書をラブレターに変えて、

転職成功を引き寄せる

「転職PRの専門家」西澤靖夫

 

 

 

 

あなたと一緒に
本当の魅力を見つけて
面接に呼ばれる職歴書を作って
面接で堂々と話せる自信をつけて
転職活動の全般をサポートしてくれる

そんな魅力的な転職の個別サポート
初回の無料相談
詳細は、こちらから
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

 

 

お問合わせ
-->