「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

面接が苦手な人に贈る【面接力を上げる5つのヒント】

面接苦手な人に贈る【面接力を上げる5つのヒント】

面接

 

「面接が大好き!」
なんて人は、そうは居ませんね。

 

かく言う私も
出来ることなら、
もう面接には行きたくありません。

 

とは言え、
転職活動・再就職活動を
している人なら

面接から逃げて
転職・再就職の成功は無い
ですよね。

 

あなたは
面接は好き、ですか?

 

もし

面接は嫌いだ
面接は苦手だなぁ

と言うなら

下記の
面接力を上げる5つのヒント
を参考にしてください。

 

 

面接の準備は、職務経歴書を作るときから始める

 

転職の個別サポート塾で、お客様をサポートしていると、「面接の準備をする順番が違うから、面接が苦手になってしまうんだな」と思うことが多いです。

 

面接の準備の順番とは?

 

面接に呼ばれてから、面接で話す練習をする人が多いのです。そして、職務経歴書に書かれていることを「そのまま」近い内容で話す練習をします。いわゆる「丸暗記」です。

 

でも、この話し方では、例え、本人が上手く話せたと思っても、面接官の印象は良くありません。

 

その話し方をしないで、更に面接官の印象を良くする話し方をしたいなら、職務経歴書を作る段階から、面接でどう話すか、それを考えながら作ることをお勧めします。

 

そうすると、不思議なことに、面接で話し易い職務経歴書を作ることが出来ます。

 

 

相手(採用担当者)が、職務経歴書をどう読むのか分かれば、面接への不安は無くなる

 

あなたを選ぶのは誰でしょうか?

 

そうです。
応募企業の採用担当者です。

 

その採用担当者が、あなたの職務経歴書に興味を持たなければ、書類選考は通過せず、面接にも呼ばれない訳です。

 

仮に面接に呼ばれたとしても、面接官と言う採用担当者の興味を深め、安心感や期待感を与えられなければ、最終的に「選ばれる」のは、他の応募者、つまり「あなたのライバル」になってしまう訳です。

 

つまり、面接に自信を持って堂々と臨みたければ、採用担当者が興味を持つ「あなたの魅力が明確な」そして「あなたが自信を持てる」職務経歴書を作れば良いのです。

 

それが出来れば、面接に行くのが不安だ、面接で話すのが怖いと言う苦手意識が、きっと減ってくることでしょう。

 

 

多くの人は、採用担当者が職務経歴書をどう読むのか分かっていない

 

採用担当者の読み方を考えた方が良い、と言うのは分かっても、実際に採用担当者の経験、それも採用責任者としての経験が無ければ、想像しても良く分からないと言うのが、多くの人の悩む点でしょう。

 

でも、想像で良いので、「自分が採用担当者だ」と思い込んで、自分のコトは一時忘れて、自分の職務経歴書を採用担当者のつもりで読んでみてください。

1)興味持てますか?

2)期待出来そうですか?

 

上記1)がYESなら、面接に呼ばれる可能性はあります。2)もYESなら、もっと可能性が高まります。面接に呼ばれたら、もっと興味を持ってもらい、期待を高められるように、エピソードも織り交ぜて話せば良いのです。

 

反対に、1)がNOなら、どうして興味を持てなかったのしょうか? 何を書いてあれば、どう書いてあれば、興味を持てそうでしたか? それを考えてみましょう。

 

転職だと思い、自分のコトだと思うから、特別な事だと感じて分からなくなりますが、あなたがお客様で、営業から商品を勧められているとしたら、もっとドライに、そして、もっと気楽に、好き・嫌いを感じ取れるでしょうし、どの点が良い・悪いも分かるのではないですか?

 

 

話す言葉(文)と書く言葉(文)は違う

 

職務経歴書に書いた文章を暗記して、面接で話そうと準備する人が少なくありません。ですが、この方法は幾つものデメリットがあり、内定を獲得する確率は低く、オススメ出来ません。

 

あなたは、話している言葉を、そのまま文章にしているコトは多いですか?

 

多分、多くはないはずです。

 

自分がいつも話している時の癖もあり、話す言葉は、仕事の文書や応募書類の書く言葉は違うのです。伝えたいコトが、相手にしっかり伝わるためには、違わなければイケナイのです。

 

なのに、職務経歴書を作って、その文章を基に、面接での話す準備をする人が少なくありません。おかしいと思いませんか?

 

冷静に考えれば、誰でも分かることなのに、転職活動は特別なコトと思い込んで、狭い枠(それも間違っている)の中で頑張っていませんか?

 

面接で話す言葉(文章)を用意しましょう。

 

 

面接の練習は、面接場面を想定して行う

 

面接の話す準備をするときは、常に面接官が目の前にいるイメージを持って行うことをオススメします。

 

もちろん、誰かにお願いして模擬面接形式の練習は有効です。ですが、その模擬面接以外の時でも、自分一人だけで話す練習ではなく、面接官が目の前に居て、「聞いている」「訊いてくる」などのリアルなイメージを持ちながら練習すると、本番の面接で「アガったり」「詰まったり」するコトがかなり減少するハズです。

 

出来ればなのですが、一人で、面接官と応募者(自分)の二役のロールプレイング形式で練習を重ねると良いでしょう。

 

そうすれば、もっと面接で自分らしく臨めるようになるハズです。

 

 

いい子ちゃんをしない。自分に合った(ご縁のある)企業に入るために

 

自分らしく、で面接に臨みましょう。

 

決して、面接の時だけの装った「あなた」にならずに。

 

伝えたいコトを伝わる様に最善を尽くす、それは努力しましょう。ですが、いつもの自分でない「誰か」になる必要は無いのです。

 

自分らしくで臨んだ方が、面接でしっかり話せますよ。そして、あなたに「ご縁」のある企業に採用される確率が高まります。

 

どうしたら、「あなた(自分)らしく」いられるのか、よく考えて、面接の準備を行ってください。

 

あなたの面接が上手くいきますように願っています。

 

この記事が、少しでも参考になれば幸いです。

 

 

もし、
あなたが
面接で苦労されているなら

転職の個別サポート塾の
無料相談にお越しください。

 

あなたと一緒に
本当の魅力を見つけて
面接に呼ばれる職歴書を作って
面接で堂々と話せる自信をつけて
転職活動の全般をサポートしてくれる

そんな魅力的な転職の個別サポート
初回の無料の相談面談
詳細とお申込みは、こちらから
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

お問合わせ
-->