「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

徳利の形から学べる職歴書を書くときの注意点とは?【転職PR】

 

徳利の形から学べる職歴書を書くときの注意点とは?

徳利2

 

 

【転職PR1日1ヒント】

こんにちは!

転職PRの専門家・西澤靖夫です。

 

今日のテーマは「徳利の形から学ぶ」です。

 

ある番組で
陶芸は素人だけど自信のある
タレントが作った四角い徳利を見て、

 

「個性はあるけど
徳利は実用品だから、
これではダメです。」

 

「なぜなら、上が四角いと
最後の方が
中身が出にくくなるからです」

 

「陶芸の経験やセンスがあっても
個性的な出来栄えでも実用品は
使い易くないとダメなんですよ」

 

と、陶芸の先生が指摘していました。

 

これを聞いて、
「なるほど~」と思いました。

 

実用品には、
使い易さのために守るべき形があります。

ペットボトルも徳利も、
確かになで肩になっていますね。

それを無視して個性を出しても、
実用には向かないわけです。

 

これは、
職歴書をつくる時にも
注意したいコトだと思いました。

 

個性(魅力)を表現出来なければ
他の応募者に
差をつけることは難しいですが

 

実用に向かない個性ならば
採用されるためには、
逆効果になってしまうでしょう。

 

あなたの職歴書には、
あなたの魅力は載っていますか?

 

その魅力(個性)は
「四角い徳利」になっていませんか?

 

今一度、見直してみましょう!

 

 

転職は自分を再発見する旅でもあります。

職歴書を作るヒントや面接でアピールするヒントを、1日1ヒントお送りしています。

今日も、素晴らしい一日をお過ごしください♪

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

A4二枚で選ばれる人になる!

職歴書をラブレターに変えて、

転職成功を引き寄せる

「転職PRの専門家」西澤靖夫

 

 

 

あなたと一緒に
本当の魅力を見つけて
面接に呼ばれる職歴書を作って
面接で堂々と話せる自信をつけて
転職活動の全般をサポートしてくれる

そんな魅力的な転職の個別サポート
初回の無料の相談面談
詳細とお申込みは、こちらから
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

 

お問合わせ
-->