「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

面接では最後まで気を抜かないコトが大切です。

面接では最後まで気を抜かないコトが大切です。

若い男性 面接

 

こんにちは!

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日のテーマは
最後まで気を抜かない」です。

 

面接の最後って
どこまでだと思いますか?

 

面接部屋を
出るところまで、ですか。

それとも
会社を出るまでですか?

 

世の中には
終わり良ければ、すべて善し
って言われるくらい

面接でも
終わり方(終盤)は大切です。

 

では
面接の終盤を見ていきましょう。

 

まずは、面接官からの「質問はありますか?」

 

面接官が訊きたい
質問事項の攻撃が終わると

面接官から

「お訊きしたいことは以上です。
何か質問したいことはありますか?」

と訊かれることが多いです。

 

ここで大事なのは
事前に用意してある内容を
質問するコトです。

 

それも
それに対する面接官の回答が
入社するかの判断材料になるような
質問がベターです。

 

面接官にとって
答え易い内容であるコトも大事です。

 

なぜなら
このタイミングまで来ると

面接官の気持ちは
「ほぼ終わった~。あと少し」
って感じもあるからです。

 

そんなタイミングで、「御社の事業方針についてお聞かせください」なんて質問されると、少々ウザイと感じる面接官も居るコトでしょう。

 

ちなみに
私が企業で面接官のときには
そんな風に感じました。

 

なので
質問次第で
面接の最後の印象が変わります。

 

合否のボーダーラインに
居るとしたら

その印象は
結構重要になりそうですよね。

 

だから
面接終盤の
「質問はありますか?」は
とても大事なのです。

 

面接部屋を出ても面接は終わっていません

 

「以上です。今日はありがとうございました。」と面接官に言われたら、ホッとしますよね。

 

でも、そこで
気を抜いては、イケマセン。

 

面接官から
完全に離れるまでは

絶対に
よい緊張感は解かないでください。

 

それだけではなく

最後に自分から

「本日は面接をしていただき
ありがとうございました。」と

明るく挨拶をするのも忘れずに!

 

面接官は、
あなたの最後の
挨拶や態度を見ていますよ。

 

何故なら
自社に入社する気がある人なのか
あなたの情熱を
見抜こうとしているからです。

 

面接は
その会社を出るまで
最後の最後まで
自分をPRする場です。

 

面接部屋を
面接官と一緒に出たなら

そこでの会話ですら
判断の材料になります。

 

会社を出るまでは
気を抜かず

すべてが
アピールする場だと思いましょう!

 

自分の魅力を
伝える努力を惜しまない

 

コレ、
とても大切です。

 

気を抜くどころか
面接に呼ばれないので
悩んでいる方や

面接で
堂々と話せなくて
悩んでいる方は

 

転職の個別サポート塾の
無料相談にお越しください。

 

あなたの転職成功を
お手伝いします!

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

A4二枚で選ばれる人になる!
職務経歴書をラブレターに変えて
転職成功を引き寄せる
「転職PRの専門家」西澤靖夫

 

 

 

あなたと一緒に
本当の魅力を見つけて
面接に呼ばれる職歴書を作って
面接で堂々と話せる自信をつけて
転職活動の全般をサポートしてくれる

そんな魅力的な転職の個別サポート
初回の無料相談
詳細は、こちらから
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

お問合わせ
-->