「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

職務経歴書に載せる数字の扱い方で起きる天国と地獄って!?あなたは、大丈夫?

職務経歴書に載せる数字の扱い方で起きる天国と地獄って!?あなたは、大丈夫?

親指 グッド・バッド

 

こんにちは!

転職PRの専門家・西澤靖夫です。

 

今日のテーマは
数字の扱い方」です。

 

あなたの職務経歴書には
採用担当者に知って欲しい実績を
具体的な数字で載せていますか?

 

具体的な数字があると
イメージし易くなるので

載せる側の応募者としても
読む側の採用担当者としても

正しく適切な数字であれば
お互いに助かりますね。

 

ただし
数字の扱い方によっては

採用担当者の評価が高まるどころか
逆に落ちるコト

つまり
「天国と地獄」もあるので注意です。

 

では
参考例を見ていきましょう。

 

例えば
下記のような3つの実績(数字)が
職務経歴書に載っているとします。

 

1)前年比120%を2年連続して達成しました。

2)計画比達成率でチーム1位を獲得しました。

3)地道な営業で5年続けて年2件の新規を獲得しました。

 

さあ、どれが良い実績なのでしょうか。

分かりますか?

これだけじゃ、分からないですね(笑)

 

実は、
上記の数字は全て
転職の個別サポート塾のお客様が
はじめに持参された職務経歴書に
載っていたものです。

 

セッションでお客様に質問すると、
下記のことが分かりました。

 

1)は部署全体では、前年比130%でした。

2)はチームは3名で前年比は98%でした。他のチームは前年比105%超です。

3)は、1件数千万の案件で、部内の平均は年1件です。

 

つまり、

 

1)と2)は質問されて回答すると
評価が下がる実績。

 

3)は、回答すれば
評価は上がる実績なわけです。

 

絶対値だけでなく、相対評価を意識して、数字を使おう

 

上記の3)は評価が上がる「天国」行きの実績(数字)なのですが、もし面接官にスルーされて質問されなかったら、折角のアピールポイントが無駄になってしまう書き方なので、要注意です。

 

下記のように

「部内平均では年1件の新規獲得のところ、私は5年連続で年2件を達成しました。」

と、相対的(他者との比較)な評価が
分かる表現で記載すべきです。

 

そうすれば
採用担当者や面接官にも
応募者の良さがグッと伝わるでしょう。

 

私が面接官なら

「どうして、他のメンバーの2倍も新規獲得が出来たんですか?それも、5年連続で。」

と、さらに聞きたくなりますね。

 

そうなれば
興味を持たれている訳ですから
もっと自己PRをしてイイんです。

 

内定獲得に近づきますよね。

 

また、
上記の表現に
はじめから1件の契約単価も
盛り込めれば尚良しですね。

 

実績を、具体的な数字で書くときには
絶対値と相対評価が必要になる
コトを忘れずに。

 

安易な気持ちで実績(数字)を載せると
面接官からの思わぬ質問で
地獄に落ちるリスクがありますよ。

 

大切な実績などの数字は
質問されても大丈夫な状態で
載せましょう!

 

採用される効果的な数字の載せ方が
知りたい方は

転職の個別サポート塾の
無料相談にお越しください!

 

あなたの転職成功を
お手伝いします!

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

A4二枚で選ばれる人になる!

職歴書をラブレターに変えて、

転職成功を引き寄せる

「転職PRの専門家」西澤靖夫

 

 

 

あなたと一緒に
本当の魅力を見つけて
面接に呼ばれる職歴書を作って
面接で堂々と話せる自信をつけて
転職活動の全般をサポートしてくれる

そんな魅力的な転職の個別サポート
初回の無料相談
詳細は、こちらから
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

 

お問合わせ
-->