「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

面接中の小さなミスを帳消しにする「義務感からではない“最後の質問”」の使い方

面接中の小さなミスを帳消しにする『最後の質問』の使い方

 

こんにちは。

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日のテーマは
面接の終了間際での質問」です。

 

嫌いでも、苦手でも
転職・再就職の成功のためには
しっかりやらないといけないのが

そう、「面接」です。

 

その面接は慣れないと
色々難しい点が多いのですが

中でも
転職の個別サポート塾のお客様からも
よく訊かれるのが

「最後に質問ありますか?って訊かれた時に、何を質問すれば良いのか、迷ってしまいます。」

と言うものです。

 

さらに

「サイトでは、こんな質問をすれば良い的なサンプルが載っていたんですけど、コレで大丈夫ですか?」

と質問されます。

 

お客様から、その質問内容を聴くと確かに、面接の最後にする質問でやってはイケナイ範囲からは外れているので、絶対ダメと言う訳ではないですが、

 

その質問では、
「面接が普通に終るだろうな」
と思います。

 

「何故、それを訊きたいのか?」
って自分に問うてみて

しっかりした理由があれば
質問するのは大丈夫ですが…

 

多くの場合は、「面接の最後の質問をしないと印象悪くなるから、何か質問しなきゃ」と言う義務感から、質問を考えている様に感じます。

 

それでは
面接官は楽しくないですよね。

 

「また、この質問か~」って
飽き飽きしてるかもしれません。

 

30分~40分程度
行われるコトが多い面接。

 

面接が始まったばかりの頃の
「面接官のあなたに対する印象」は

終わる頃には
ずいぶんと薄らいでいるでしょう。

 

だから
面接最後の印象は大事なんです。

 

面接の最後の最後で

面接官と
良いコミュニケーションがとれ

とても
良い雰囲気で終わったのなら

面接官は
あなたに対して
良いイメージを持ったままに
なりませんか。

 

もし
面接の終わり間際まで
選考のボーダーラインの位置に
居たのなら

最後の質問で
選考通過への逆転も可能になる訳です。

 

ならば
義務感で質問してたら
「モッタイナイ」と思いませんか?

 

 

面接最後の質問は、こんな風に考えよう

 

面接の終わり間際に
「何か質問ありますか?」と
訊かれたら

「待ってました!」と言わんばかりに
準備してきた質問を話しましょう。

 

その質問は

あなたが
その応募企業から内定をもらった時に
入社するか決めるために必要な情報を
得るために行います。

 

なので
質問の内容は
一般的な正解はありません。

 

何が適した質問なのか

それは、
人それぞれです。

 

入社するか決めるために
ぜひ、知っておきたいコトを
訊くのです。

 

つまり
回答次第では

内定をもらっても
辞退するかもしれない。

 

そう言う質問が理想です。

 

ちなみに「給与」「有給休暇」「福利厚生」などのコトではないですよ。それは、面接の最後にする質問でやってはイケナイ範囲に該当していますから。

 

まずは
本当に「自分が知りたい」思っている
コトを質問するのです。

 

それが、大事です。

 

本人が大して聞きたくもないのに
質問されても

面接官だって
「あ~、またこんな質問だ」って
感じになりますよね。

 

まあ、
面接官は表面上は
ちゃんと答えてくれるでしょう
けれど…

 

でも
本気で知りたいと思って訊く質問なら

面接官の答え方も変わるでしょうし

 

面接官の回答を聴いたあなたは

きっと
次の質問をかぶせていくコトでしょう。

 

本当に知りたいコトならば

「ありがとうございました。」
だけで終わらないハズです。

 

「ありがとうございます。そう言うコトなんですね。よく分かりました。と言うコトは、●●も同じように考えれば良いのでしょうか?」

などのように、回答への謝辞を言いながら、つながる質問を続けてしまうコトでしょう。

 

そうなれば面接官も

“なんか、やる気あるね~。面接の途中より良い感じだな。”

なんて心の中で
思っているかもしれません。

 

この面接の最後での質問
面接官と会話のキャッチボールを
自然な形で出来れば

「コミュニケーションには自信があります」なんて言わなくても、面接官は実感します。

 

そして
面接官はあなたに対して
良いイメージを持ったまま
面接が終了するのです。

 

面接終了間際の質問で大事なのは

 

面接官から
「何か質問はありますか?」
と言われたときに大事なのは

 

■ 本当に知りたいコトを訊く

 

■ 回答を聴いたら、さらに質問して、面接官と会話を楽しむ

 

以上の2つだと思います。

 

上記がしっかり出来たら
採用される確率が上がるコトでしょう。

 

転職の個別サポート塾では
お客様ごとに、最適な「質問」を
一緒に考えています。

 

お客様の中には、最後の質問からの会話の長さが、それ以前の面接の時間と同じか、それ以上長かった人もいらっしゃいます。そうなれば、良い結果になり易いのは当り前です。

 

また、それ以外にも、面接終了間際の質問をする時には、選考通過の確率を上げるための秘策があります。

 

もし
あなたが
面接での質問に悩んでいたり

選考通過率を上げるための
秘策を知りたいならば

転職の個別サポート塾の無料相談に
お越しください!

 

あなたの転職成功を
お手伝いします!

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

A4二枚で選ばれる人になる!
職務経歴書をラブレターに変えて
転職成功を引き寄せる
「転職PRの専門家」西澤靖夫

 

 

 

あなたと一緒に
本当の魅力を見つけて
面接に呼ばれる職歴書を作って
面接で堂々と話せる自信をつけて
転職活動の全般をサポートしてくれる

そんな魅力的な転職の個別サポート
初回の無料相談
詳細は、こちらから
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

お問合わせ
-->