「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

面接に呼ばれる職務経歴書を作るなら、まず自分の仕事を分析してみよう!【転職PR】

面接に呼ばれる職務経歴書を作るなら、まず自分の仕事分析してみよう!【転職PR】

 

PC 男性の手

 

あなたは
自分の仕事を
他者に簡潔に説明するコトは
出来ますか?

 

実は
日頃行うコトが無いので

あらためて自分の仕事を
他者に説明しようとすると
結構上手くできないものなのです。

 

その状態でいきなり
職務経歴書を書き始めるのは
とても危険です。

 

何故、自分の仕事を簡潔に説明出来ないで、職務経歴書を書き始めると危険なのか?

 

採用担当者が真っ先に目にするのは
職務経歴書の一枚目の一番上に書く
「職務要約」です。

 

自分の仕事を
他者に簡潔に説明出来ない状態で

いきなり
職務要約(つまり自己紹介)から
書き始めても

採用担当者が興味を持ち
その後の職務経歴を読みたくなる
内容に書きあげるのは
なかなか難しいことです。

 

では、
どうしたら良いのでしょうか?

 

まずは、自分の仕事を分析してみましょう。

 

■業務を細分化してみる

■目的を明確にしてみる

■関わっている人を挙げてみる

■使用しているスキル・知識を挙げてみる

■貢献度を具体的にしてみる

■大変さを具体的にしてみる

■工夫していることを挙げてみる

などなど。

 

やってみると、
漠然と考えていたときより

自分の仕事について
理解度が増しているハズ。

 

また
愛着も増すかもしれませんね。

 

それだけでも、
自分の仕事について
他者への説明力が上がります。

 

職務経歴書を
作り始める前に
是非、行ってみましょう。

 

転職は自分を再発見する旅でもあります。

 

職務経歴書を作るヒントや

面接でアピールするヒントを

1日1ヒントお送りしています。

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

A4二枚で選ばれる人になる!
職歴書をラブレターに変えて、
転職成功を引き寄せる
「転職PRの専門家」西澤靖夫

 

 

 

 

あなたと一緒に
本当の魅力を見つけて
面接に呼ばれる職歴書を作って
面接で堂々と話せる自信をつけて
転職活動の全般をサポートしてくれる

そんな魅力的な転職の個別サポート
初回の無料の相談面談
詳細とお申込みは、こちらから
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

お問合わせ
-->