「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

AIの進化による変化への不安に対して

AIの進化による変化への不安に対して

 

こんにちは!

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日のテーマは
AIと仕事、そして転職」です。

 

2018年に年が変わってから
まだ10日余りですが

AIに関する情報が
昨年以上に流れていますね。

 

テレビ番組も
新聞の特集も
WEBニュースでも

毎日
何かしらのAI情報が
見つかります。

 

そして
知らぬうちに
どんどんAIが関わっている

もしくは
関ってくる状況に
なってきている様です。

 

あなたの会社

あなたの職場は

いかがですか?

 

むやみに不安になっては
良くないと思いますが

私は
周囲を見渡して

逆に
まだまだ危機感が弱いのでは
無いかとも感じています。

 

ゆでガエルと同じで
気が付いた時には「もう手遅れ」
なんてコトになりそうな人が
多いのでは...

と心配しています。

 

もちろん
私もですが(笑)

 

だからこそ
AIなどの進化を
自分から遠ざけるのではなく

自分の仕事に
どう関わらせていくのか

そして
私のお客様たちに
どういう変化をもたらすのか

常に
考えていくようにしています。

 

昨年
WEBのニュースで
面白い記事を見つけたので
下に載せておきます。

 

ディープラーニングで
「AIは人間を超える」
かもしれないですが

そんなに高度でないAIを
今の仕事の生産性を高めるために
どうやって取り入れられるのか

そのヒントになる記事だと思います。

 

人とAIの協働

AIが人の仕事の質を
もっと高めてくれる使い方

仕事の現場では

それが当面の
目指すべき姿のように思います。

 

「軽量な」人工知能がオフィスをサポートする

 

キビットは、処理能力がそれほど高くない普通のノートパソコンでも、少量のデータから学習が可能という点に特徴がある。短いコメントから退職の可能性を的確に判断したことからもわかるように、キビットが読み込むデータはそれほど長い文章である必要はなく、基本的には100~200文字程度の情報があれば十分だ。しかも学習に要する時間は5~10分程度で、すぐに数千~数万件のデータを処理できるようになる。それでいて人間にはとらえきれない、文章の隠れた共通点を見つけ出すことが可能だという。

 

「われわれのシステムにおいては、教師データ自体をたくさんつくる必要はありません。大事なのは、人間が良質な判断を行い、それに見合ったデータがそろっているということで、むしろ量より質ということですね」

 

量より質。数年前までは「ビッグデータ」という言葉がもてはやされていた。しかし現在は、少なくともビジネスの現場においては適正なデータを用意できるのかが、ポイントになっている。

 

現在、ディープラーニングが脚光を浴びているが、実際はもっと「軽量な」人工知能で解決可能な問題が多いのが、その理由だ。フロンテオ社でも用途に応じてディープラーニングを使った開発も行っているが、多くの企業にとって、数千から数万以上の学習データや莫大な計算資源を必要とするディープラーニングを導入するハードルは高い。そこで力を入れているのが、ITに詳しくない人でも理解しやすいシステムを、比較的安価にかつ幅広く活用できるようにすることだ。

 

「われわれの特徴は現場に根差しているところにあります。より実用的なシステムをつくるということに関しては、かなり工夫しながらやっています」

 

もう1つ、重要な点がある。ディープラーニングは基本的に人間の介在を不要とし、人工知能が判断も含めて課題解決を行うのに対し、キビットはあくまで人間がかかわることが必要であり、判断するのは人工知能によってサポートされた人間、というところにある。

 

「人の代わりに人工知能を使うのではなく、人と人工知能の優れた能力を融合させ、人のサポートに人工知能を使うことを考えています。人工知能自体に意思があるわけではありません。『こういうふうに業務を改善したい』という明確なビジョンの下で、どう人工知能を活用していくか検討することが重要だと思っています」

 

むやみに人工知能を使おうと導入を進めても、おそらく人工知能に振り回されて終わってしまうに違いない。しかし、ソラスト社での試みのように、人工知能は実際にビジネスの現場で起こっている課題を人間と一緒に解決し、生産性を上げていくための道具として浸透しつつある。キビットの広がりはそのことを雄弁に語っていると言えるだろう。

 

上記の中の
特に最後の方の

「人の代わりに人工知能を使うのではなく、人と人工知能の優れた能力を融合させ、人のサポートに人工知能を使うことを考えています。人工知能自体に意思があるわけではありません。『こういうふうに業務を改善したい』という明確なビジョンの下で、どう人工知能を活用していくか検討することが重要だと思っています」

が、とても大事かなと
思いませんか。

 

そういう仕事を
現在の職場で出来ないなら

転職先で
関っていきませんか?

 

転職先で
どう働くのか

そのイメージを持って
転職しましょう。

 

これからの
変化が大きく激しい時代を
上手く乗り切っていくには

「守り」
「現状維持」

では厳しいと思います。

 

どう考え
どう動くべきか

一人では
なかなか考えられない方は

転職の個別サポート塾の
無料相談にお申込みください。

 

あなたの
進むべき可能性について
一緒に話をしましょう!

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

A4二枚で選ばれる人になる!
職務経歴書をラブレターに変えて
転職成功を引き寄せる
「転職PRの専門家」西澤靖夫

 

 

 

あなたと一緒に
本当の魅力を見つけて
面接に呼ばれる職歴書を作って
面接で堂々と話せる自信をつけて
転職活動の全般をサポートしてくれる

そんな魅力的な転職の個別サポート
初回の無料相談
詳細は、こちらから
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

Tagged on: , , ,
お問合わせ
-->