「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

未経験職での転職で、採用されるコツとは?

未経験職での転職で、採用されるコツとは?

1123女性ガッツポーズ

 

こんにちは。

転職PRの専門家・西澤です。

 

今日のテーマは
「未経験職で採用されるコツ」です。

 

あなたは
これまでと同じ職種に応募しますか?

 

それとも
今までとは違う
未経験の職種に応募ですか?

 

未経験の職種に
応募する人の動機は
大きくは下記のように2つあります。

 

「前からやってみたいと思っていた」

 

「今の仕事はもう嫌だから、今度は違う職種に就きたい」

 

ですが
思っただけでは、実現しませんね。

 

未経験の職種への応募は、経験がある他の応募者と比較され、採用担当者に「未経験だけれど、●●さんの方が魅力があるね。」と思ってもらえなければ「不採用」になってしまう、ハードルが高い競争なんですから。

 

そのハードルを下げて
未経験でも採用される
確率を上げるコツがあったら

あなたは
知りたくないですか?

 

私は、転職の個別サポート塾で、未経験職へ挑戦される多くのお客様をサポートしてきました。

 

営業 ⇒ 営業事務

総務 ⇒ 経理

事務 ⇒ 営業

研究職 ⇒ 営業

塾チューター ⇒ 人事

金融窓口 ⇒ 営業

国家公務員 ⇒ 研究職

人事 ⇒ 営業

など、色々なケースがあります。

 

また、同じ職種と言えども、業界が変われば、内容も大きく変わるので、場合によっては「未経験職」に近くなってしまうコトもあります。

 

それでも、お客様と私で一緒にワークして、職務経歴書や面接での話し方を準備すると、未経験職でもちゃんと採用されています。

 

なので、今日は、お客様と私がサポートセッションで行っているコトの中から一つご紹介します。

 

 

業務の共通点を見つけられれば、未経験職でも採用される確率が高まります

 

未経験職に挑戦するお客様と私が、転職の個別サポート塾で何を行うかと言うと、とてもシンプルなコトです。

 

採用担当者に「この人、未経験だけれど、やれそうだな」と思ってもらえるようにするのです。

 

「それには、どうしたら良いのか?」

って思いますよね。

 

実は

応募する未経験の職種と
自分が経験してきた職種を分解して

一致するものを
見つけていけばイイんです。

 

例えば
人事部採用担当に応募する場合

自分の経験してきた仕事の中に

「勧誘」「説明」「企画」「訪問」
「口説く」「面談」「面接」
「選考」「研修」「粘り強さ」
「観察」「見抜く」「聴く」などが

存在するかを
見つけていけば良いのです。

 

■ 会社の代表として、学校を訪問して、職員と人間関係を築く

■ 説明会で学生にプレゼンを行い、会社に興味を持ってもらう

■ 短い時間で相手を観察し、話しを聴き、質問をして、適切な選考を行う

などの具体的な業務をイメージして、それを行うために必要なスキルや近い経験を見つけ出すのです。

 

そうやって見つけたものを
相手に伝わり易いように表現すると

 

職務経歴書を読んだ採用担当者も
面接であなたの話を聴いた面接官も

未経験のあなたに対して
興味を持ち易くなります。

 

もし
あなたが
未経験職への応募を考えているなら

これまで経験された業務内容と
応募職種の業務内容の

それぞれを具体的に表現して
さらに細かく分解して

その上で
一致するモノを探してください。

 

それが出来れば
あなたの採用される確率は
グッと向上します。

 

「なんとなく分かるけど、一人では難しいなぁ」と思われる方は

転職の個別サポート塾の無料相談に
ぜひ、お越しください。

 

あなたの転職成功を
サポートします!

 

□■□■□■□■□■□■□■

 

A4二枚で選ばれる人になる!
職務経歴書をラブレターに変えて
転職成功を引き寄せる
「転職PR専門家」西澤靖夫

 

 

 

 

あなたと一緒に
本当の魅力を見つけて
面接に呼ばれる職歴書を作って
面接で堂々と話せる自信をつけて
転職活動の全般をサポートしてくれる

そんな魅力的な転職の個別サポート
初回の無料の相談面談
詳細とお申込みは、こちらから
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

 

お問合わせ
-->