「転職の個別サポート塾」ジョブレスキューⓇ

【Q&A】職務経歴書には、何回も同じ内容を書いても良いのですか?

【Q&A】職務経歴書には、何回も同じコトを書いても良いのですか?

DSC_0403

 

転職の個別サポート塾で
お客様をサポートしながら
一緒に職務経歴書を作っていると

折角、
お客様の魅力を見つけたのに
それを一箇所にしか記載しないで
作ってしまう方がいます。

 

「アレ、何故、ココにも載せないんですか?」って、質問すると、

「え、何回も同じ内容を書いていいんですか?」って、ビックリされて、逆に質問で返されます(笑)

 

その質問「職務経歴書に、同じ内容を何回も書いて良いのか?」への回答です。

 

回答の前に質問です(笑)

「では、何故、何回も載せてはイケナイんですか?」

きっと明確な回答は
出来ない方が多いと思います。

 

それは、そうですよね。

何回も書いてはイケナイなんて
それは、勝手な思い込みですから。

 

 

あなたの魅力を載せるのに遠慮は要らない

 

あなたが採用されるためには

相手(採用担当者)に伝えたい
あなたの魅力が

たっぷり伝わる必要があるコトは
理解されていると思います。

 

そのあなたの魅力を
一箇所しか載せてはイケナイなんて
誰も決めてはいないんです。

 

あるのは

■職務経歴書のスペースの制約

■全く同じ文章で何回も載せない

と言う注意すべき点だけです。

 

 

職務経歴書のスペースの制約

 

職務経歴書はダラダラと沢山書けば良いものではなく、多くの方にとって、A4二枚に読み易い体裁・文量で納まっているのが理想的です。

そういう紙面上のスペースの制約があるので、何でも何回も載せれば良いと言うものではないのは、誰でも分かるかと思います。

でも、あなたの大切な魅力を表す言葉・文章は、違います。何回も載せた方が、あなたの印象が強くなるのです。

 

全く同じ文章で何回も載せない

 

あなたの魅力が伝わって、あなたに対しての興味を、採用担当者に深めてもらうために、重要な魅力に関しては、2箇所でも、3箇所でも載せた方が良いのです。

ただし、ここで注意が必要です。

コピーをして、そのまま同じ言葉や表現を載せたのでは、逆効果になるリスクが発生します。

なので、言葉や表現に少し変化をつけて、「与える印象」や「意味合い」としては同じに受け取ってもらえるように工夫をしましょう。

 

 

 

 

あなたと一緒に
本当の魅力を見つけて
面接に呼ばれる職歴書を作って
面接で堂々と話せる自信をつけて
転職活動の全般をサポートしてくれる

そんな魅力的な転職の個別サポート
初回の無料の相談面談
詳細とお申込みは、こちらから
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
メルマガ申し込み(赤)

 

 

 

 

エージェントでも教えてくれない!
「面接に呼ばれる職歴書5つのコツ」
~5日間無料メール講座~
WP用アイコンボタンなど

お申込みはこちらから ↓

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 

 

 

お問合わせ
-->